株式会社チームクリエーションスタッフブログ

チーム創りと人材育成の株式会社チームクリエーションスタッフのブログです

思考停止を要求する育成はもう古い

5月もそろそろ終盤です。4月入社の新人たちはそれぞれの部署への配属が完了する頃でしょうか。新しい環境に四苦八苦する彼らをサポートする先輩たちの奮闘はまだ続きそうですね。 「言われたこと、教えられたことをその通り実践する」育成の第一歩は、日本に…

常識を覆すチャレンジ

メジャーで活躍している大谷選手 メジャーでも投手と打者の二刀流でフル回転しています 日本のプロ野球時代には、かの二刀流に賛否がありました どちらでも活躍出来る投手の方が良い打者の方が良いプロ野球を舐めるな などなど… それは当然です 未だかつて二…

顧客目線で考えられない人は「受け取りベタ」なのかもしれません

「あの人はいつも目の前のお客様に集中してしまうので、お待たせしている別のお客様のことを考えることができない」 こうした問題はサービス業店舗でわりと頻繁に起こっているようです。 また、商談や提案など売上に直接関わる仕事に没頭するあまり、報連相…

なんのために営業スキルが欲しいのですか?

営業スキル接客スキルは、これまでの歴史の中でだいぶ確立されてきています。 そしてそのほとんどが理論的で、心理学的で、読めばなるほどと思うことばかりです。 わざわざ本を買ったりせずとも、成約・トーク・営業・スキルなどのワードで検索をかければい…

『人にこれだけ相談したのは初めてです』

弱音を吐いたり、悩みを口に出すと、相手から「そんな風に考えちゃダメ」「つまらないことでウジウジ悩んでるの?」と思われるんじゃないかと思って… そうやって心の内を明かさないまま一人で抱え込んでいる人が本当に多いです。 しかもほとんどが無意識です…

設計図の話を何度も

「いつも通りの対応」でお客様を逃していないですか?

出張時に急遽衣料雑貨を買わなければいけなくなり、某有名生活雑貨専門店で買い物をしました。そこは駅ナカの立地、しかもちょうど休日で店内は混雑していて、ある程度予想はしていたけれどレジは大行列。15人ほどの列の最後尾に並びつつ気持ちはゲンナリ。 …

『雨乞い』をすると雨が降るの法則②

今日は久々のゴルフ 呑んで打って打って呑んで呑んで呑んで… 途中でゴルフ場に何しに来たのか分からなくなるほど呑みました… それでも100を切るスコア 松山プロの背中が見えてきました…(幻覚かもしれません… 前回の続き… 『雨乞い』をすると【必ず】雨が降る…

デキる人ほど、腹の底には凶器を隠し持っています

『細部まで気を配れるし視野もわりと広めだと思う。多少体調が悪くたって仕事は休めないのが当たり前。だからやる気のない部下や同僚、理不尽な上司、時にはわがままなお客様にもイライラしつい厳しい態度が…後でハッとして後悔する』 『”できない自分”だな…

自分の中に隠れてる「諦めグセ」を手放す

『物分かりのいい大人びた子』今思えばちょっと言い方が悪いけれど、幼い頃はそれを褒め言葉だと思っていました。両親や先生の言うことを素直に聞くのが正しい、わがままは言わない。だって迷惑をかけたくない、ガッカリさせたくない、いい子でいたいから。 …

『雨乞い』をすると雨が降る…の法則

寒暖差が激しい日々が続いています… アレルギー持ちの自分は辛い もう1年中、30℃以上で良いと思ってます 夏が大好き過ぎて、周りからは変態とまで言われるほど、夏好きアリガが土曜日をお知らせ致します 雨が降らず晴天の日が、何日も何月も続く 大地は荒れ…

自己分析に正当性はない

10代後半から20代にかけて、ほとんどの人に「自分のことは自分が一番よく知っている」という自覚が生まれます。 何度かの成功と何度かの挫折を味わい、経験則や統計を固め、ここまでは通用する、ここからは無理、こんな特性がある、と認識するようになるので…

△(さんかく)を受け止める勇気を持とう

高校の頃だったと思いますが、現代文のテストにあった文章題に「下線部のときの主人公の心情を答えよ」みたいな問題があったんですね。私は一生懸命想像しその問題に答えました。返された答案には見事にバツがついていたのですが、それが不思議で仕方ありま…

パフォーマンスを上げるコツは『ラクになる』ことです

責任感があって真面目で忠実。空気を読んで人の期待を察知しそれに応えようと精一杯努力する。自己犠牲はやむを得ない、当たり前だし苦とも思わない。 あちらの上司から「これをやれ」と言われればそれを叶えるために奔走し、向こうの取引先から「こうしてく…

理不尽への対応で試されるプロとしての意識

ある人がスーパーか量販店で買い物をする際、探している商品が見つからず仕方なく店員さんに声をかけたら「そこになければありません」と言われたけど、どうよ?というネット記事を読んだことがあります。 ちなみにニュースの記事では「同じことを伝えるにも…