株式会社チームクリエーションスタッフブログ

チーム創りと人材育成の株式会社チームクリエーションスタッフのブログです

仕事にプライドや楽しさは必要ないのか?

近年は歯医者さんや個人クリニックなどでも、接客マナー研修やコーチングの実践を取り入れているケースが増えているようです。

上から目線での診察や受付のそっけない態度から発生するクレームの対応に追われたり、それが引き金となって患者離れを起こしたりするのを未然に防ぐためだそうです。

このご時世、どんな職種であっても丁寧な接客やワンランク上のサービスを求められています。かくいう伊藤も、病気やけがの際に必要不可欠な病院を選ぶのでさえ「対応してくれた人の良し悪しや雰囲気」で決めているところがあります。

患者が病院を選ぶ理由には「腕がいいか」と同じくらいのレベルで「サービス業としての適切な対応」かどうか?が食い込んできている。

消費者の見る目が肥えたからか、業種に関係なく「人柄」が良くなければモノやサービスは売れなくなってきています。ひと昔前なら考えられなかったけれど天下の病院であっても付加価値としてサービスをつけなければ生き残れない時代なんですね。

 

お客様を大切に扱う。
お客様目線で物事を考える。
簡単に言うけれど、正解のない奥深いものだと思います。

通り一遍では通用しないし、同じ対応でも人によっては受け入れられなかったりしますから。でも、だからこそ面白いとも思っているんです。

お客様に喜んでいただくのが楽しいから、嬉しいから、対応から販売、お客様の笑顔までのその一連の仕事に誇りを持てたからこそ、自分の中で仕事というものに「価値」を見出すことができた。だから、もっと成長やチャレンジが楽しくなる。

どんな仕事も「サービス業」
こういう考え方で仕事をするのが私は好きだから、お客様(患者)として利用するときも、同じような考えを持っているであろうお店や病院を選びます。

 

「仕事は義務」「やるべきことだから」「やれと言われたことだから」「生活の為」

毎日毎日電車に乗り、車に乗り、仕方なく出勤して、苦手な社員やときに理不尽なお客様と接し、プライベートも犠牲にして遅くまで働き、給料を受け取る。『やるべきことだもん、しょうがないじゃん』

もちろんこういう働き方や仕事に対しての考え方を否定するつもりは全然ありませんし、流行りの”働き方改革”により、しっかりとプライベートの時間も確保しようというその取り組みもどちらかといえば賛成です。

けれど、義務だろうが生きていく為だろうが、いくらプライベートと切り分けようが、最終的には仕事は【自分と大切な人たちの人生を豊かにするためのツールや手段】なのだと思うのです。つまりは自分のために働いている。そこに楽しさや意欲やプライドがなかったら、かけている時間も労力ももったいないと感じるんですよね…

『どうせやるなら』楽しくやりたい。そう思いませんか?

そしてその「どうせ」に楽しさやプライドを求め、追求し続けている人ほど、成果も上げているような気がしてなりません。成果が上がれば楽しいんだもん、褒められていい気分になれるもん、仕事に行くのが嫌じゃなくなるもん。

 

こうあるべき、そうしなければならない。
そんな風に考えている人は必ず、自分の中で大切にしている価値観や信念や想いが、実は人一倍強いはずです。それは言い換えればプライド、誇りでしょうし、ここが満たされれば仕事は楽しくできるはずなんです。

「やりがいなんて」「楽しさなんて」
そんなこと言わずに、仕事の上であなたが一番大切にしているものをプライドとして持ち続け、その信念に適った行動や変化を起こすことでやりがいや楽しさを仕事に求めてもいいんじゃないかと私は思います。

接客、販売、サービス業なのであれば(いや、結局どんな仕事も)「お客様への対応」は、働く人にとってのプライドになるはずですから。

まして成果が出ないなら、思うようにならないと嘆くなら、なおのことです。