株式会社チームクリエーションスタッフブログ

チーム創りと人材育成の株式会社チームクリエーションスタッフのブログです

新入社員が来る前に

桜の開花も間もなくとなったこの季節

そろそろやって来ますよね


新入社員


去年の新入社員は順調に育っているでしょうか?


会社の大きな戦力、人財になりつつある人もいれば、

まだまた新入社員気分が抜けていない人

挫折してしまった人


様々ではないでしょうか

 

新入社員を教育するのって、本当に難しくて大変です

会社の戦力にする為に、業務以外にも教えなければならないことが非常に多いです


教わる方も教える方も根気が必要です

 

今、携わっている携帯業界でも、ただ携帯の販売をしていれば良い時代ではなくなりました

インターネットやでんき、クレカなどの副商材の提案、訴求しなければなりません


会社やお店の評価は、ほとんどが数字で見られてしまっているので、

提案や訴求をするだけではなく、『獲得』が求められます


どの店舗も、新入社員を1日でも早く『獲得』する戦力に育てるのに一生懸命です


ここで間違ってしまいがちなのが、


『獲得』の為に、トークスキルやテクニックを叩き込んでしまうことです


これは『獲得』の為の近道ではあります


が、

『会社の戦力や人財』


と考えた時には、大きな遠回りとなります

 


バスケットボールの場合

最初にダークシュートの仕方を教えますか?


答えは『NO』ですよね


まずは、レイアップシュート・・・いやいや、その前にドリブルから・・・

その前に、バスケットボールの基礎から

 

そう、教えるのにも段階があります


トークスキルやテクニックの前に、

それらの商材を提案する意味

それらを提案することで、会社やお店がどうなるのか

また、お客様がどうなるのか

 

それら本質の部分を徹底的に教える事が大事です

この本質を教えてあげないと、『獲得』する事には長けるかもしれません


ただ、根本を理解していないので、

 

『何の為に獲得してるのだろう?』

『獲得するのに疲れた』

『もう獲得したくない』


これは突然やってきます

 

最初は『獲得』出来た時は嬉しくて、モチベーションも上がり、楽しくて仕方がないでしょう

しかし、これが毎日続くわけです


『獲得』している時には気付きにくいですが、徐々に徐々に落とし穴に落ちていきます


自分も周りも気付かないうちに・・・


トークマジックや数字のマジックで『獲得』するのには限界があります


この限界とは、

『獲得数』ではなく

 


『心』

 


です。

 


この『心』の部分が疲れてしまいます

 


一度、疲れてしまうと修復に時間が掛かってしまいます

さらには手遅れで修復不可能に


優秀な人財であっても会社を去っていくことになってしまいます


特に販売系のスタッフにはこれが多くみられます


目の前の『獲得』も大事ですが、数年後も見据えた教育


新入社員を生かすも殺すも教育する側次第です


新入社員がやってくる前だからこそ、もう一度、教育プログラムを見直してみては如何でしょうか