株式会社チームクリエーションスタッフブログ

チーム創りと人材育成の株式会社チームクリエーションスタッフのブログです

上がっても下がってはいけない

高校野球に続き、ついにプロ野球、そしてメジャーリーグが開幕しました!


今年はどんなペナントレースになるのでしょうか

去年活躍した新人は2年目のジンクスを打ち破ることが出来るのか?


ガムシャラに挑んでいた1年目と違い、少し余裕が出てきた2年目

その余裕がどちらに転ぶのか…


これは、我々の世界でも同じではないでしょうか


入社2年目の18歳 A子さん

ノリと勢いと物怖じしない性格で、研修明けから、契約件数を伸ばし続けてきました

接客を指名するお客様も増えて、順風満帆に思われていました


が、


ここ数ヶ月、契約が伸びずに悩んでおり、ついに同期B子さんに契約件数も抜かれてしまいました

この同期B子さんは、飲み込みが遅く、なかなか契約までこぎ着けることが出来きず苦しんできました。
それでも、努力して少しずつ成長してきた子です


久々にA子さんの接客を見る機会が・・・

あぁ、これでは契約は無理だろうなぁ…が率直な感想です。

トーク内容は問題ありません
トーク技術もついてきています
笑顔もあります


では何故、契約出来ないのか?

 


答えは簡単

 


お客様に伝えようとする情熱が劇的に低下していたのです


商品やサービスの訴求をしていたのに、

いつからか、説明になっていたのです

 

この事に、本人は気付いていませんでした

 

初めは、契約の事は考えずに、一生懸命お客様に伝えようと必死だったハズです。

初めてお客様に伝わって契約になった時は、心から喜んだりもしました


それが、契約を取るのが普通になった時、この感動や喜びは半減します


契約が普通になった事は、基準が上がった事なので喜ばしいです


しかし、基準が上がっても、伝えようとする情熱が下がってはいけません


契約が最優先なのは理解できます

ただし、契約になるまでには過程があります


お客様対応があって、
情熱を持ってお客様に伝える


この部分を差し置いて契約してもらおうなんて…


仕事に慣れてきたスタッフが一度はハマる落とし穴

 


お客様は数字でも契約でもありません

 

 

『伝える』

 


この部分はいつまでも忘れてはいけないものです