株式会社チームクリエーションスタッフブログ

チーム創りと人材育成の株式会社チームクリエーションスタッフのブログです

用法用量を守って正しくお使いください

「落ちた肉体を、精神で引き上げることは可能。その逆はない。」

 

僕の哲学や倫理観に多大な影響を与えた高校時代の恩師の言葉のひとつです。

 

肉体的に疲れていたり、ケガをしていても精神状態によっては平均以上のパフォーマンスが出ることがある。

反対に、どんなに肉体的に好調でも、やる気そのものがなかったり、気持ちが落ち込んでいればパフォーマンスは落ちる。

 

 

一理あるどころか原理原則だろうってくらい何度も実感し、自分でも想像もしなかったすごい結果を見てきました。

しかし伝え方や受け取り方を間違えると、あら不思議。とんでもなくブラックな思想に早変わり。

 

 

還暦間近の爺さんにもかかわらず(偏見)、決して押し付けることなくヒントとして与え、絶妙な距離感で鼓舞する。ここに恩師が全国大会常連の監督たる所以があるのでしょう。

 

本当に伝え方が上手い先生でした。

 

 

少し前からスポーツ界で監督やら親方やらの人間的在り方が取り沙汰されていますが、彼らの持っている理論には結果に繋がる正しい部分がいくつもあります。

 

どうしようもなく間違っているのは、ふりかざしたり、押し通したり、受け取る側のプラスになる伝え方ができていないこと。要は下手くそなこと。そのくせ立場を笠に着て、伝える努力を怠っていること。それでいいと思っている性根。

 

 

最近の自分の仕事の効果検証でも、理論の完成度以前に、相手にとって良い影響が出る伝え方かどうかのほうが余程結果に差をもたらします。

 

精神が肉体を引き上げるからでしょう。

 

 

 

 

まぁ、どうやら精神で肉体を引き上げ続けると、肉体の不調に気づきにくくなって最終的に肉体が精神を折ることもあるようです。(体験中)

 

使い過ぎや他人への強要はせず、異常が表れた場合、速やかに「意志」と相談してください笑