株式会社チームクリエーションスタッフブログ

チーム創りと人材育成の株式会社チームクリエーションスタッフのブログです

物事を広義に考えていく

 

毎日さまざまなな化学物質が作られていますが、作られる背景には、その時必要なニーズがあるモノが作られます。

 

 

 

より高寿命な電池に必要な材料であったり、

 

 

 

より大容量のデータを保存でき、且つ小さくなるコンピュータの材料だったり、

 

 

 

より軽く、より強度の高い素材だったり…

 

 

 

 

日本だけでなく、世界で競って研究されています。

 

 

 

そういった材料の合成は、大学など研究機関では論文に載ったり、企業開発であれば特許を取得したりと、世界に広がっていきます。

 

 

 

しかし、機能的には全く役に立たない、そして合成が簡単なモノでも論文に記載され、教科書にも載る有名な物質がありました。

 

 

 

 

ナノプシャンと呼ばれる化合物ですが、それは何故でしょう?

 

 

 

 

機能は全く役に立たないのですが、形が面白く、人間の形をしているのです。

 

 

 

ダンスを踊っていたり、帽子を被っていたり、

様々なポーズがあるので、見てください。

 

 

 

 

 

 

これは子どもに化学の面白さを感じてもらい、未来の科学者、化学者を作るために作られたものでした。

 

 

 

 

理系離れが謳われる今、こういった未来への先行投資に分野で最高峰の論文にも記載され、教科書にも記載されています。

 

 

 

 

 

企業や会社で目の前の利益にヤッケになっていることが多いと思いますが、少し視野を広げて、未来への投資を行うことも重要な時代になっているのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このナノプシャン、2ナノメートルの大きさ(1ミリの100万分の1の大きさ)しかありませんが

手を繋いでいたり、輪になったり車に乗っていたり…

 

様々なタイプがあるので、是非見てみてください!