株式会社チームクリエーションスタッフブログ

チーム創りと人材育成の株式会社チームクリエーションスタッフのブログです

『イメージ』から始めよう♪

さぁさぁ、出揃いましたよ甲子園出場チーム

今年は100回の記念大会

過去最多の出場校で開催

 

今年はどんなドラマが
どんなヒーローが

誕生するのか??

 

どのチームも持てる力を出しきって、素晴らしい夏に!!

 

 


親に連れられて初めて高校野球を観戦

この高校のユニフォームを着て

『甲子園に行く』

そう自分で勝手に決めたのは小学校4年生とき


それから9年・・・


そのユニフォームを着ていた


毎年ベスト16やベスト8の成績は残していた

過去には1度だけ決勝まで行ったこともあった

あと一歩、勝ちきるまでには何かが足りなかった


甲子園出場と言っても、学校はまだ出場したことがない・・・当然、先輩たちにもいない

甲子園出場の仕方も
優勝の仕方も

誰も分からなかった

 

 

甲子園はTVの中のもので、甲子園に出たい気持ちはあっても、別世界のものという認識で誰もイメージは出来なかった

ただただ、甲子園に出たいと言う想いだけは本物だった

 

そこで新しく取り入れたトレーニング・・・

 

誰も甲子園に行ったことがない中、甲子園の言葉や映像だけではなく、

イメージしようと発案したのは、当時大学卒業したばかりの新米監督

この監督は実は、過去に1度だけいった決勝戦の時のレギュラー

甲子園出場まで、あと1歩まで迫りながらも夢破れてしまった1人

 

当時は、今でいう体罰は当たり前で、練習中に水分補給は禁止、怪我や病気なんかは気合で治せって時代

 

そんな時代に、
休養日を設けたり
練習中の水分補給OK
練習の合間に食事タイムを作ったり
髪型自由
と斬新な練習スタイルを取り入れていた

その1つがイメージトレーニングだった

 

 

甲子園に行くぞと発言するのも
甲子園に出ているイメージするのも

タダだから、まずは気持ちとイメージだけでも甲子園に出ようという発想だった


そして週の1日が仮想甲子園練習日に設定された


最初は半信半疑で、頭は大丈夫か?って思ったり、どこか恥ずかしさと照れがあったりと、嫌々渋々始めたのを覚えている

それでも、やはり『甲子園』と言う魔法の言葉が当時の我々を突き動かしていた


イメージトレーニング

 

今では当たり前なトレーニングとなっているが、当時はインターネットも携帯も普及していない時代

 


では、どんなイメージトレーニングをしたのか・・・

 

次回に続く