株式会社チームクリエーションスタッフブログ

チーム創りと人材育成の株式会社チームクリエーションスタッフのブログです

リーダーの在り方

甲子園大会が始まり、

どの試合も

どの高校も

どの選手も

1球に1打に全力プレー

観ているこちらに熱いものを伝えてくれてます

どっちも負けるな!!

 

 

高校野球でもプロ野球でも、チームを率いているのは監督です

名監督や名将と呼ばれている人たちの共通点は何か?


プロ野球で言えば、中日の元監督である落合氏

好き嫌いは分かれると思うが、アリガは個人的に大好き派だ

 

厳しいプロの世界において、選手としても監督としても戦績は歴史に残るほどの素晴らしいものがある

でも戦績以上に素晴らしいのが

 


『選手の批判や悪口を口外しない』


と言うところである

 


普通の監督で、試合に負けたあとのマスコミのインタビューにおいて、選手を名指しでボロクソに批判しているのを見たことがある

 

『あのピンチで〇〇がエラーしなければ勝っていたのに・・・あのプレーはアマチュア以下だ。とてもプロとは思えない』

 

『あのピッチャーがフォアボールを連発したあげくにホームランとは・・・普段からどんな練習しているのか?あんなの1軍では使い物にならん。コーチも何を教えているのか?』

 

『あれだけ逆転のチャンスがあったのに、全部〇〇が潰してくれた。あんなボール俺でも打てるよ』

 

翌日の新聞を見ると、このような監督のコメントが毎日のようにニュースとして掲載されている

 

しかし、落合元監督は違ったのだ

 


『監督である自分が悪かった。選手は悪くない。責任は自分にある』と言うコメントをしていることが多かった

 


監督のコメントが選手の耳に入った時、


どちらの言葉が選手に自己反省を促し、奮起させるのだろうか?

どちらの言葉が選手のやる気を奪うだろうか?

 


もちろん、言わなければならない事、改善すべき事だってたくさんある

それを、そのうちに・・・と済ませてしまう事は良いとは言えません

 

そんな時は、

『すぐ』

『その場で』

『直接本人に』

『リーダーの口から』

『分かりやすく』

伝えることが大事だと考えます

 

改善指導と誹謗中傷は違うのである


いない人の悪口を言うのは誹謗中傷に近くて

直接本人に『良くなってもらいたい』と言う想いを込めて伝えるのが改善指導ではないでしょうか


高校野球を観ていても、監督に注目してしまいます

 

リーダーの在り方って本当に大切ですね