株式会社チームクリエーションスタッフブログ

チーム創りと人材育成の株式会社チームクリエーションスタッフのブログです

【プロ】は『極めた』人なのか?

世の中には、『プロ』と呼ばれる人達がいます

分かりやすいところで言うと、アスリートでしょうか
そのプロが集まって、リーグ戦を行っています


プロ野球
Jリーグ(サッカー)
Bリーグ(バスケット)
Vリーグ(バレー)
Tリーグ(卓球)
Pリーグ(ボーリング)


そこに、10月1日についにMリーグが開幕しました
このMリーグとは『麻雀』です


今までは、 どちらかと言うとダークなイメージやギャンブル的要素が強く、 世の中にはなかなか受け入れられず、 日の目を浴びることがありませんでした


しかし、ついに!!
企業がスポンサーについて、とうとう表舞台に出てきました


麻雀大好きな有我にとっては、 このMリーグの盛り上がりや今後の展開を非常に注目しております


今後もスポンサー企業は増えていくのか?
オリンピック競技になっていくのか?
子供が憧れる職業になっていくのか?


興味はつきません

 


このアスリート以外にも、プロ棋士、お笑いのプロ、 経営のプロなど、色んなジャンルでプロと呼ばれる人達がいます

 

 

 

【プロ】と聞くと、『その道を極めた人』 とイメージしやすいですが、果たしてそうでしょうか?

 


【プロ】と言う自覚はあっても、『極めている』『極めた』 と思っている人はいないと思います


そのプロと呼ばれる人達も、まだまだ未熟だと感じながら、 ずっと何かに挑戦する修行の真っただ中なのではないでしょうか


そして、ほとんどの人が、その修行の途中で引退したり、 天に召されてしまうのです


そう考えると、『極める』は、 自分がここまでだと思った瞬間がゴールとなってしまい、 そこで成長が止まってしまう


自分でゴールを決められるなら
自分の成長や可能性に限界を作らず、 常に挑戦し続けられる人間でありたいものです


本物のプロ(極めた人) には生涯かけてもなれないかもしれませんが、


今すぐにでも始められるものがあります

 

 

それは
プロとしての


『意識』と『姿勢』です

 

 

 


(有我)