株式会社チームクリエーションスタッフブログ

チーム創りと人材育成の株式会社チームクリエーションスタッフのブログです

『コミュニケーションは書籍で起こっているんじゃない・・・現場だっ!!』

父親「今夜のご飯はカレーだってお母さんが言ってたよ」

子供「本当?やったー」
父親「やったね」
子供「お母さんのカレー大好き」
父親「美味しいよね」
子供「うん。美味しい」
父親「じゃあ、本屋さんに寄ったら直ぐに帰ろうね」
子供「うん。でも早く帰りたいから、本屋さんは今度にするよ」
父親「えっ?本屋さんに寄らないで帰るってこと?」
子供「うん。早くカレーが食べたいから今度でいい」
父親「そうか、じゃあ本屋さんは今度にしよう」
子供「今から帰ると何時になるかな?」
父親「何時になるかな?」
子供「次の駅まで5分くらいだよね」
父親「そうだね。5分くらいだね」
子供「駅から家までは10分くらい?」
父親「そうだね。10分くらいだね」
子供「じゃあ、今が17時だから・・・」
父親「5分+10分だね」
子供「15分だから、17時半前には着くね」
父親「正解!!」
子供「じゃあ、お母さんに連絡しなくちゃ」
父親「そうだね。準備もあるしね」
子供「僕がお母さんにLINE入れるね」
父親「お願い」
子供「楽しみだねカレー」
父親「楽しみだね」
子供「あっ着いた」
父親「着いたね」


先日、電車に乗った時の目の前の親子の会話です。
ごくごく普通の5分くらいの会話ですが、 ちょっと感動していましました


まず、この親子の会話が成立していること
大人同士でもここまで会話を続けるのは簡単ではありません

 

ちょっと思い出してみて下さい


言いたいことだけ言ったり・・・
返事して終わったり・・・
会話がぶつ切れになって、 川の流れのようになっていないことが多いでのでは?


これって、子供(小学校4年生くらい) のコミュニケーション力があるからだけではないんです
父親が凄いんです!!
父親(30代前半)が子供の言葉をしっかりと受け止めて、 きちんと返してから更に引き出しているんです

 

この父親のような人がリーダーだったら、 コミュニケーションロスやコミュニケーション不足にはならないだ ろうな・・・と想いながら聞いていました


コミュニケーションに関する書籍は数多くありますが、 ちょっと視点を変えれば、 色んな場所や場面が書籍の実写版になってきます


リアルな現場を見ることも、 コミュニケーション力向上に繋がるのではないでしょうか

 


『コミュニケーションは書籍で起こっているんじゃない。 現場だっ!!』