株式会社チームクリエーションスタッフブログ

チーム創りと人材育成の株式会社チームクリエーションスタッフのブログです

分岐があることを考える

昨日11月29日は「良い肉」の日でした。

 

焼肉にしゃぶしゃぶ、すき焼きなど美味しい肉料理があるなかで

 

良い肉の日にちなんで晩ご飯は「ローストビーフ」を作ろう!

前日からそう決めていました。

 

 

前日の買い物の時に牛ヘレ肉のブロックが4つあることを確認し、

 

「明日もあるだろう」

 

と思い込み、いざ当日、お買い物に行くと…

 

ブロック肉がない…

 

さすがは良い肉の日売り切れたのか…

と思いながら困ったことが起きました。

 

晩ご飯のメニューが思いつかない!!!!

料理を作るうえで毎回悩むのが「何を作ろう?」なのですが、

何にもアイディアが出てこないのです。

 

 

肉料理(牛肉)を意識しすぎるあまり、 豚肉や鶏肉は眼中になく何作ろう?

ドツボにはまりました。

 

肉料理は諦めて魚にしようか…

でもお肉たべたいなー

 

そんな葛藤と闘いながらスーパーを2周回ったときに豚のヘレブロ ック肉を見つけました。

 

「これだ!」

と、並んでいたお肉を手に取り、ローストポークを作りました。

 

 

美味しく頂いたのはよかったのですが、少し考えてみれば、

 

・牛ブロック肉がなければ豚ブロック肉にしよう!

・それもなければ、違う料理を作ろう!

その料理は○○にしよう!

 

と決めていれば

「スーパーを2周することがなかったなー」

と思いながら帰路についていました。

 

仕事においても

○○がうまくいけばそのまま継続して○○をしよう              

うまくいかなければ××にして

このケースなら△△にしよう!

 

 

と分岐点をイメージして取り組むことでその場でテンパることなく スムーズに対応することができるのだと思いました。

 

 

 

物事がうまくいかないとき、 焦って何もできなくなる自分はこのイメージを持てていないことに 気づきました。

 

 

買い物一つでも捉え方ひとつで勉強になることが多いことに驚きな がら、夕食をおいしくいただきました!(^^)!                  

                 (五十嵐)